最新情報

デリバリーを始める!|デリバリー代行業者を活用する

デリバリー代行業者を活用してデリバリーを始める!?

新型コロナウィルスの流行をきっかけに人々の食は大きく変わりました。
家族や友人、そして同僚とわいわい楽しく飲食店で食事を楽しめる日がとても楽しみですが、それまでは人数を小規模にしたり、家での食事を少し豪華にしてみるなど、それぞれが工夫して生活しているようです。

そんな中、デリバリーの利用者が増加しています。
消費税増税による軽減税率の導入などの影響もあり、すでにコロナ前からテイクアウトやデリバリーは売上を伸ばしていましたが、今デリバリーの需要はさらに高まっています。

では、新たにデリバリーを始めるにはどんな方法があるのでしょうか?
ここでは、お店の初期投資をおさえながらデリバリー営業を始める方法として、「デリバリー代行業者」を利用する方法を取り上げます。

デリバリー代行業者とは?

デリバリー UberEats

デリバリー代行業者とは、商品の配達を請け負う業者です。
しかしただ頼まれた配達をするのではありません。
デリバリー代行業者は、食べたい料理のジャンル、地域、価格などでお店を選び、注文までできるデリバリーの「ポータルサイト」を運営しています。

お客様はこのポータルサイトから、食べたいジャンル、地域、価格などを参考にお店を選び注文をします。
スマホ決済を利用すれば、注文から決済までスマホで完結することもできます。

お客様がポータルサイトからデリバリーの注文をすると、その情報はデリバリー代行業者を通じて加盟しているお店に流れ、お店は注文通りのメニューを作ります。
出来上がった料理は、デリバリー代行業者と契約した配達員が料理を受け取りに店舗にやってきて、お客様に配達します。

そして店舗は、売上金額の中から決められた割合の手数料をデリバリー代行業者に支払います。

デリバリー代行業者を利用するメリット

デリバリーという名前が使われる前は、そば屋、寿司屋、中華料理屋等々食事の配達は「出前」とか「仕出し」と言われていました。
これらに共通して言えるのは、お店から近い地域やお得意さんを相手にお店で働く人が配達も行っていたということです。

しかしそれ以外のお店がデリバリー営業を始めるとなると、そのための人員を確保し、車両の購入や駐車場の確保、保険などのコストがかなりかさんでしまいます。
このように考えると、注文が入ったら料理を作って配達員に渡すだけというシステムは、コストを抑えながらもデリバリー営業を始めてみたい飲食店にとって魅力的な選択肢と言えます。

さらに、デリバリー代行業者と契約することは、お店の効果的な宣伝という点でもかなりメリットがあることが分かります。

多くの人が利用しているデリバリーの「ポータルサイト」なら、それだけ多くの人に自分のお店のデリバリーを訴求することができます。

もし宣伝のためにチラシを配るとしたら、チラシを見た時にデリバリーを利用しようと思っていない人にはすぐに捨てられてしまいますが、デリバリーのポータルサイトなら、まさにデリバリーを利用したいなと思って検索している人に見てもらえるので、効率的な宣伝になりますね!

主なデリバリー代行業者

デリバリー代行業者は数多くありますが、その中から絞ってご紹介します。
手数料は公開していない業者も多く、またコロナ禍には手数料を値下げしているところもあります。
また、業者によって初期費用として50,000円程度かかるところもありますので、詳しくは資料請求して確認することをお勧めします。

代行業者加盟店舗数手数料特徴
出前館30,000店舗以上 40%登録店舗数No.1で、配達は出前館が契約したスタッフが行なっている。
UberEats14000店以上 35%最低注文額がないので、一人前から注文できるところが魅力。
dデリバリー30,000店以上 40%業務提携により出前館と同じ店が利用できる。ドコモユーザーはポイントでも支払える他、通話料とまとめて請求も可能。
楽天デリバリー約10,000店非公開自店で配達できる店舗に限られるため、集客目的の登録となる。
楽天ポイントが貯まる・使える便利なデリバリーサービス
LINEデリマ約18,500店舗非公開LINEアプリから注文し、LINEポイントがたまる手軽さが人気
ファインダイン不明 40%「銀のさら」や「釜寅」を運営。配達エリアは東京都市部や神奈川の一部だが、クオリティの高い高級店が多い。

各社ポータルサイトの紹介

まとめ

デリバリーを始めるには様々な準備が必要ですが、初期投資を抑えて宣伝もできるという点でデリバリー代行業者は一つの選択肢といえます。
デリバリーを始める時には、自分のお店の客層に合ったサービスを提供している代行業者を選ぶことをお勧めします。
また、デリバリーを成功させるために、デリバリーの容器選びは重要です。
デリバリー容器についてのご相談は、デリシャスフードパッケージまでご連絡ください。

この記事をシェアする

Facebookでシェア! Twitterでシェア! HATENAブックマーク メールで送る